悪性腫瘍のがんも怖くない~免疫力を活性化させる免疫細胞療法~

men doctor

初期症状に注意

women doctor

髄膜腫とは脳の外側を覆う硬膜と呼ばれる膜から発生する腫瘍の事です。脳腫瘍の一つとして分類されますが、脳腫瘍全体の20%を占めており比較的頻度の高い症状です。近年、脳ドックの普及により無症状の状態で発見される事も多くなってきました。 髄膜腫はほとんどが良性の腫瘍です。良性の腫瘍とは進行のスピードが遅く転移の危険のない腫瘍の事です。しかし、良性であっても進行すると脳を外側から圧迫する為に様々な症状が表れます。一般的には吐き気や嘔吐、頭痛等の症状が表れます。特に朝起きた時にこれらの症状が出やすいという特徴があります。更に、圧迫された部位や大きさによって手足の麻痺や認知症の様な症状が出る事もあります。物忘れが急に酷くなったり、急に転ぶ様になったという人は髄膜腫の可能性があるでしょう。

髄膜腫の治療は腫瘍を摘出する手術が第一選択となります。腫瘍を摘出する事で脳の圧迫が減少し、上記の症状が改善出来ます。しかし、腫瘍の場所によっては手術が困難となる場合もあります。また、髄膜腫は血管の多い場所にで出来やすいという特徴があり手術自体も非常に難易度が高いものとなります。手術による合併症のリスクもあるでしょう。その為、髄膜腫が無症状で見つかった場合は早急に手術をせずに経過観察をする事もあります。 腫瘍が悪性だった場合や手術が困難な場合は放射線による治療も行われます。放射線治療により腫瘍の縮小が期待出来ます。しかし、放射線による脳自体への影響もあり照射量等を調整しながら使用する事が必要となります。